banner

司法書士に設立依頼

法人設立は司法書士に依頼する

以前は、商法による厳しい規制があったため、なかなか新しく法人を設立することができませんでした。資本金として、最初から1,000万円以上を用意しておかなければならないことなど、一般の人にとっては厳しすぎ規定が置かれていたのです。しかし、法律の改正が行われたため、現在の会社法では、資本金の規制が撤廃されたと言えます。1,000万円もの金額を用意する必要が無くなったのです。現在では、一般の人々でも、手軽に法人設立をすることができるようになっています。

もちろん、資本金に関する規制が撤廃されたからといって、安易に法人設立をすることができるわけではありません。法人設立をするためには、資本金以外にも、さまざまな費用がかかることに注意が必要です。ある程度の資金を準備しなければならないのは、現在でも変わっていません。ただし、1,000万円という金額を用意する必要は無くなり、手数料などで支払う数十万円程度の金額を用意していれば足ります。

法人設立の手続きは、決して簡単なものではありません。しっかりと手続きについて勉強すれば、一般の人でも可能なことなのですが、スムーズに事業を開始させるためには、法人設立の手続きについて考えることは、時間の無駄であるとも言えます。最初から、司法書士などの法律専門家に相談して、手続きを依頼するのが最適なのです。法人設立を使用としている人は、実際に会社を立ち上げた後、どのように事業を進めていくかを考えることに全力を尽くすべきです。

司法書士は、法人に関する手続きを得意としています。もちろん、司法書士などの法律専門家に処理を依頼する場合は、費用を支払わなければならないので、きちんと準備する必要があります。法人設立をする際は、法務局において登記という手続きを行うことになります。登記をする場合、数多くの書類を集めて、登記申請書を作成することになります。どのような書類が必要になるのかは、素人には分かりづらいものです。法律専門家のアドバイスを受けながら、少しずつ必要書類を集めていく必要があります。

現在は、さまざまな業種の法人を立ち上げることができます。実際に設立した後には、具体的な事業を行っていくことになります。登記手続きが完了する前の段階から、将来のことを見据えて計画を立てておくことが、事業で成功するための秘訣です。手続き自体は司法書士に依頼するとしても、事業を行うのは自分自身です。

Copyright(c)2014 法人設立を簡単に!プロの力を有効活用All Rights Reserved.